老人ホームへの入居を検討することになったきっかけは?

2020.08.31

老人ホームを探しはじめた皆さんの、入居を検討するようになったきっかけとは一体どんなことがあるでしょうか?

入退院を機に

病院へ入院し、退院後にご自宅での生活が困難という方が一番多い結果でした。
入院のきっかけは様々で、転倒や脱水症状、持病の悪化、肺炎、脳梗塞などがあります。入院中のリハビリで回復され、ご自宅での生活に戻れる方もいらっしゃいますが、入院中の体力の低下が激しかったり、片麻痺や失語症、車いすになってしまい、入院前と同じ生活をご自宅で送ることが難しくなる方が高齢者施設への入居をご検討されることが多いです。

他には、
・認知症の進行
・独居での生活が不安になってきた
・要介護度が上がり、自宅での生活が難しくなってきた
・介護するご家族側の病気や入院で、ご自宅で介護することが困難になった
・元気なうちに、施設に入っておきたい(自立の方)
・身体機能の低下により老々介護が困難になり、夫婦揃って入居を検討
・まだまだ元気で一人でも生活できるけど、体の動く元気なうちに老人ホームへ入居し、友人を作って趣味などを楽しみたい
などの例がありました。

もちろん、それぞれの事情は違いますし、施設の空き状況や費用面から入居までの期間も様々です。

しかし、突然の入院から慌てて施設探しを始める場合、施設を探す時間が限られていることが多くあります。ある程度余裕を持った施設探しが大切になってきますね。
急な施設探しが必要な場合は、公的な機関や民間の支援サービスを利用しながら、理想の施設探しを叶えましょう。

※仙台有料老人ホーム紹介支援センターあすてるが調べたアンケート結果を元に執筆しています。

記事一覧